ブログを始めるメリット【メールをよく使うサラリーマン向け】

せんです。

メールをよく使うサラリーマンが、ブログを始めるメリットについて、語っていきます。

ブログを始めると、初期費用(サーバーとドメイン費用)がとても安く、在庫を抱える必要がなく、稼げる(不労所得)といった、金銭的なメリットを語っている方もいます。

僕は、文章力の向上について語っていきます。

あなたが、メールをよく使うサラリーマンであれば、職場で役に立つ情報です。

メールをよく使うサラリーマンが、ブログを始めるメリット(文章力の向上)

ちょっと、僕の自己紹介をさせてください。

20代後半のサラリーマン兼パパです。

5年間の機械設計職に就き、現在は営業職に就いています。

たくさんの顧客(数十社)とメールで、やり取りをしています。

人によって、メールの書き方(表現)が違いますが、読みたくないメールを書いている人が、たくさんいます。

読みたくないメールとは

・長ったらしい、文章

・何を言いたいのか、わからない

・読みにくく、2~3回読み直す


文章力を向上させ、わかりやすく、メールを書く。

相手(メールを受け取った人)の立場で考えると良い、つまり、自分が相手だったら、メールを受け取ったときに、どんな気分になるのか、想像してみてください。

株式会社せんぶろぐ
東京支店 営業部 せん様

お世話になっております。
株式会社トワイスのサナです
先日はお忙しい中貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございます。
メール確認いたしました。1月11日北海道
からご来社予定の件、コロナ渦の中
残念ですがまた落ち着いたころ合いでお話できればと思います。
先日、ご注文いただきました商品をせん様にお渡し致しましたがお取引先様専用書類が弊社で必要となります為
大変恐縮ですがご記入の上、小職のメール、もしくはFAX:12-3456-7890へ
お送り頂きますよう宜しくお願い致します。

せん様 今後とも何卒宜しくお願い致します。

いかがですか?

僕は、こんなメール読みたくないです。

なぜなら、ぱっと見て、何が言いたいのか、わからないからです。

読みたくない理由は

・長ったらしい、長文のため、要点がわからない

・変なところで改行、または改行がなく、読みにくい

・「 、」と「 。」が、あったりなかったり、統一していない

・「いたしました」と「致しました」が、統一していない

こんなメールを書いている人が、たくさんいます。

忙しいのに、こんな長ったらしい長文のメールが届いて、読みたくないのに、読まないといけないです(顧客だから)。

実際に、読みたくないメールを書いている顧客に会うと、「メールの悪い例」のような、何を言いたいのか、要点がわからない人が大半です。

そこで感じたのが、文章と会話の能力は、ある程度一致するです。

それでは、わかりやすいメールを見てみましょう。

わかりやすい、メールの例①

株式会社せんぶろぐ
東京支店 営業部 せん様

お世話になっております。
株式会社トワイスのサナです。

先日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございます。

■ご来社の件
1月11日北海道からのご来社の件、コロナ渦のなか残念ですが、また落ち着いた頃合いで、お話できればと思います。

■書類提出のお願い
先日、せん様にお渡しした商品に関して、お取引先様専用書類が必要となります。お手数をおかけしますが、ご記入のうえ、私のメール、もしくはFAXへお送りいただきますよう、お願いいたします。
 ・メール:twice-sana@gmail.com
 ・FAX:12-3456-7890

今後ともよろしくお願いいたします。

いかがですか?

「読みたくない、メールの例」と伝えたい内容は同じですが、もっと読みやすいですね。

「 ■ 」を使い項目ごとに、分けなくても良いです。

改行や「 、」「 。」をうまく使い、わかりやすく書くことが大事です。

わかりやすい、メールの例➁

株式会社せんぶろぐ
東京支店 営業部 せん様

お世話になっております。
株式会社トワイスのサナです。

先日はお忙しい中、貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございます。

1月11日北海道からのご来社の件、コロナ渦のなか残念ですが、また落ち着いた頃合いで、お話できればと思います。

先日、せん様にお渡しした商品に関して、お取引先様専用書類が必要となります。お手数をおかけしますが、ご記入のうえ、私のメール、もしくはFAXへお送りいただきますよう、お願いいたします。
 ・メール:twice-sana@gmail.com
 ・FAX:12-3456-7890

今後ともよろしくお願いいたします。

メールの書き方に正解はありません。

相手(メールを受け取った人)の立場で考えること。

今、書いているメールを自分が受け取ったときに、「読みやすいのか?」が大事です。

僕ら、サラリーマンは忙しいです。

読みやすい、わかりやすいメールを書いて、サラリーマン同士で、助け合いましょう。

最後に

僕が、ブログを始めた理由は、ブログを通して、文章力とマーケティングのスキルを学び、これからの不安定な時代に楽しく生きていくためです。

実は、ブログを始めるのに3か月悩みました。

仕事で疲れたから、時間がないから、といった自己合理化をしてきました(逃げてきた)。

「有名な大学を卒業し、大手企業に就職する」といった時代は、もう終わりました。

経済的自由を得て、楽しく生きていきたいですね。

せん
せんです。